人気ブログランキング |

カテゴリ:液晶系( 280 )

少しは分かる

ヒドロキシプロピルセルロースと水の混合物。


普通の人向けの液晶実験でよく使われる素材だ。とはいえ、大昔のエントリーでも記したように、液晶がどのような物かのデモとしては如何なものかと思う。
透明な物質を混ぜて色がつくのは不思議な事ではあるけれども、その原理をきちんと説明するのは困難だし、また、その特性を見せるのも楽ではない。


ヒドロキシプロピルセルロースの呈色はコレステリック液晶による物なので、円偏光であるはずのものである。だから、円偏光板を通すと色がなくなってしまうはずなのだけれども、左右どちらの円偏光板を通してみても、殆ど見た目が変わらない。
c0164709_21361762.jpg

c0164709_21353174.jpg


これは、液晶が複屈折を持っているせいで、偏光状態が変わってしまうためだ。このため、円偏光タイプの3D眼鏡を持っていても、目の覚めるようなデモにはならない。

ただ、液晶がうまく配向した場所なら、一応は円偏光となる。瓶を回して液晶を薄く層にすると、その部分はある程度の配向は得られるようで、円偏光の符号により、見た目がそれなりには異なる。
c0164709_21374681.jpg

c0164709_21374690.jpg

どうせ、デモをするなら、このあたりまでやるべきなのだろうけれども、でも、コレステリックタイプの虫の呈色が失われるのに比べると、インパクトが全然足りていない。

by ZAM20F2 | 2019-11-07 05:34 | 液晶系 | Comments(0)

予定外(II)

前のエントリーと同じ物を使っているのだけれど、濃度が少し違う。
c0164709_07381557.jpg

あまりの違いに途方にくれている。
by ZAM20F2 | 2019-10-11 07:39 | 液晶系 | Comments(0)

予定外

作ろうと思っていたものとは、全く違った状況が出現してしまった。
c0164709_20352431.jpg

どうした物かと思案しつつも、綺麗だなと思っている。
c0164709_20352447.jpg


by ZAM20F2 | 2019-10-09 06:35 | 液晶系 | Comments(0)

グリセリン上のネマチック(その3)

グリセリンの上に液晶を滴下してから随分と時間が経っているとはいえ、文様は刻々と変化していく。写真は1枚目と同じ場所。
c0164709_20192579.jpg


by ZAM20F2 | 2019-08-22 05:19 | 液晶系 | Comments(0)

グリセリン上のネマチック

c0164709_18505498.jpg

こちらもグリセリン上のネマチック相。
デモのテスト用に準備していたのが綺麗だったので思わずついているカメラで撮影していたものの1枚。

by ZAM20F2 | 2019-08-21 05:50 | 液晶系 | Comments(0)

グリセリン上のネマチック

グリセリンの液滴上にネマチック液晶をたらすと綺麗な模様がうごめいて見える。それはそれで楽しいのだけれど、写真は、それから小一時間たって、動きがあまりなくなった後。
c0164709_21443804.jpg

真中少し右に強度1の転傾があるのだけれど、転傾の周りで色が変化している。
液晶分子の長軸の向きは空気界面側は界面に垂直、グリセリンとの界面は平行に近いと思うのだけれど、それで、転傾を挟んで色が派手に変わるとなると、転傾がらみで、配向が違っているように思える。
前の結晶の写真と同じで、ぼーっと眺めていたのでステージを回したりしていないのが残念なところ。

by ZAM20F2 | 2019-08-19 05:44 | 液晶系 | Comments(0)

結晶多形

安息香酸コレステロールの色つき結晶を眺めるには、プレパラートを百数十℃に暖めた上に粉を載せて溶かして、上にカバーガラスを置いて、適当に冷却すればよい。
ただ、このプレパラート、長時間(数ヶ月から年単位)放置していると、色つき結晶の中に、見た目が鮮やかではない領域が出現してくる。
c0164709_08201810.jpg

おそらく、複数の結晶形があって、冷却で出現しているのは準安定相で、じわじわと出てくるのが安定相なのだろうと思う。
安息香酸コレステロールは、高温側から等方相-ブルー相-コレステリック相-スメクチックA相-結晶相なのだけれど、スメクチックA相では分子が平行に並んだ形状なので、それに引っ張られて最初に出現する結晶相が準安定相になるのかなぁなどと思っている。
これを書きながら、写真のようなプレパラートを昇温過程で観察したら、融解温度が異なっているのが見られるかなぁなどと思案中。
by ZAM20F2 | 2019-08-14 08:28 | 液晶系 | Comments(0)

安息香酸コレステロール:結晶

c0164709_09055640.jpg

安息香酸コレステロールは、流れる結晶が見いだされた物質の一つだけれど、この写真は結晶状態。
液晶では、文様の境界がなめらかな線になるのが普通だけれど、結晶だとぎざぎざしている。
右半分が、オレンジ系から水色系に連続して色が変わっているのは、試料の厚みが水色に向けて厚くなっているんだろうなぁと推測できるのだけれども、左側で水色とか黄色が入り乱れているあたりは、そんな急激に、そして不均一に厚みが変わっている理由はありそうになく、何がおこっているのか謎のところだ。
こんな感じの文様、見慣れているはずなのに、改めて注意してみると、説明できない部分が見つかったりする。油断がならない。

by ZAM20F2 | 2019-08-12 09:10 | 液晶系 | Comments(0)

コレステリック 指紋状組織

c0164709_09000142.jpg

いわゆる指紋状組織なんだけれども、やたら丸まっている部分が多いのが面白い。
by ZAM20F2 | 2019-08-11 09:01 | 液晶系 | Comments(0)

責任者

このブログ、幾つかのエントリーは継続的にアクセスがある。
一つはカッターナイフの安全に関するもの、それから、プリズムの分光の作図に関するもの、そして、イカと液晶の関係に関するもの。
イカと液晶については、話の出所として、足立さんの本を上げていたのだけれど、足立さんの本の話は、コレステリック液晶を使ったいわゆるTN液晶とは異なる新原理の液晶の話だった。
イカと液晶の話を方々でしていたら、大昔のパソコン雑誌で見たことがあるという人が現物を持ってきてくれた。
c0164709_07371088.jpg

1989年なので、足立さんの本よりは後だけれども、足立さんの本と違って、パソコン少年の目に触れる機会は多かっただろうと思う。
ディスプレイの不思議という特集記事の表紙に、イカが使われているあたりから、なんとなく内容が想像できるのだけれど、本文を見ると
c0164709_07370261.jpg

とまだまだ液晶ディスプレイが一般的でないことが分かるけれども、記事の見出しが「液晶はイカでできている!?」と、なかなかとんでもないものになっている。少し下を見ると
c0164709_07431018.jpg

という具合で、液晶ディスプレイに化学合成された物質が使われるようにはなったけれど、それ以前はイカが使われていたと理解できる作りになっている。
対象はTN液晶なので、このあたりが、普通の液晶ディスプレイにイカが使われているという話の起源かもしれない。

by ZAM20F2 | 2019-08-04 07:48 | 液晶系 | Comments(0)