カテゴリ:液晶系( 265 )

固いスメクチックから結晶へ

前のエントリーのネマチック相を徐冷すると、
c0164709_19565005.jpg

上の写真のようなのっぺりした組織が一気に成長する。これは、文献によると、層内にも周期構造のあるスメクチック相らしい。歴史的にはスメクチック液晶とは呼ばれているけれども、最近の規約に従うと、3次元的な重心位置の周期構造があるので、結晶に分類されてしまい、Cry相と呼ばれることも多くなっている。とはいえ、本当の結晶とは異なり、分子長軸周りの回転の自由度が残されていて、異方的な柔粘性結晶というか、一種のローテータ-相とでも言うべき状態だと思う。
ただ、この相は降温時のみ出現する準安定そうで、出現したかと思うと次の瞬間には結晶相が育ってしまって、
c0164709_19565007.jpg

といった状況になってしまう。
二つの写真を比べてみると、上の状態がCry相といっても、本当の結晶とは随分と違うものであることが実感できると思う。

[PR]
by ZAM20F2 | 2018-11-16 20:01 | 液晶系 | Comments(0)

結晶→ネマチック相転移

結晶からネマチック相への相転移。
c0164709_07145259.jpg

c0164709_07145654.jpg

c0164709_07150060.jpg

c0164709_07150521.jpg

見た目組織がそのままだけれども、結晶ではぎざぎざだったドメイン境界がなだらかになっている。模様がそのままなのは、ネマチック相でも分子長軸の方向が結晶と同じためだと思う。
これは、少しばかり極端な感じで、ネマチック相になると結晶とは異なった文様になることもある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2018-11-13 07:18 | 液晶系 | Comments(0)

SmA扇形組織

c0164709_12215746.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2018-11-11 12:22 | 液晶系 | Comments(0)

SmA扇形組織

SmA相の扇形組織(fan-shaped)
c0164709_08141210.jpg

くらい部分は分子長軸が基板に垂直。元は、全面水平配向だったが、カバーガラスをずらしたら、部分的に垂直配向になり、また水平配向の部分もずらした方向に垂直に並んでいる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2018-11-09 08:18 | 液晶系 | Comments(0)

ネマチック→等方相転移

c0164709_20553552.jpg

こちらは解けていく過程
[PR]
by ZAM20F2 | 2018-11-07 06:53 | 液晶系 | Comments(0)

等方相→ネマチック相転移

c0164709_08075415.jpg

c0164709_08083169.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2018-11-05 08:09 | 液晶系 | Comments(0)

ネマチック相シュリーレン組織

c0164709_15223584.jpg

グリセリンの上のネマチック液膜(だと思う)。
1/2の転傾があんまり見られないのは、グリセリン界面は水平配向、空気界面が垂直配向のため転傾周りで斜めに傾く成分が出来ているためのように思える。
[PR]
by ZAM20F2 | 2018-07-29 15:26 | 液晶系 | Comments(0)

負けない

MWSさんの4月12日の写真にニコンのコンテスト向けの作例が挙がっているけれども、手元にも負けないぐらいカラフルな絵があったので思わずアップすることにした。
c0164709_21341055.jpg

一応、液晶の写真なので、もっともらしい説明をつけることもできるのだけれど、実体は、すごく適当に撮った一枚。
まあ、こんなところに上げているということは、出す気はないということなんだけれども……。
あ、でも、液晶を偏光顕微鏡で覗いていると、楽しいよ。


[PR]
by ZAM20F2 | 2018-04-12 21:40 | 液晶系 | Comments(0)

挙動不審……

電車の液晶ディスプレイの様子がおかしい。
白表示だと、余り目立たないし
c0164709_21261929.jpg

黒表示でもあまり目立たないのだけれど
c0164709_21263314.jpg

中間調だと、文様が出現してしまう。
c0164709_21263690.jpg

これは……、どう見てもパネルの劣化。思わず、劣化見本の写真を得るべく、一心に画面を撮影した訳だけれども、端から見ると、かなり挙動不審のやつだっただろうと思う。



[PR]
by ZAM20F2 | 2017-08-08 21:28 | 液晶系 | Comments(0)

シャボン膜 二光束干渉レンズ

c0164709_07150407.jpg

シャボン膜を見ていたレボルバーにたまたま2光束干渉対物がついていた。ついているからには、試してみるしかない。
c0164709_07150528.jpg

ピントを少し変えてみる
c0164709_07150504.jpg

派手な段差は分かるけれども、色が変わっているあたりは、ほとんど段差が見えていない。感度が足りていないのか、それとも、段差があるのが裏面になっているのか、どちらだろうか。

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-07-31 07:17 | 液晶系 | Comments(0)