<   2013年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

家庭実用品の作り方(6):少年技師ハンドブック

この本を読んでいると、本間さんは工夫をせずには居られない人なんだなとしみじみと感じる。実用品の中には、それなりの実用度があるものもあるけれど、屋内卓上ゲームなどは、必要とか改良とかいうものではなく、何か工夫をするのが好きだから出来てしまったという感じだ。こうなると、もはや工夫癖という感じだ。で、思い出したのが、「工夫癖」というタイトルの本。久住昌之さんが彼の父親の微妙な工夫をネタにした本だ。彼の父親、通商オジハルは日常の一寸した不便を解消する工夫が大好きなのだけれど、その工作は場当たり的で美的センスのかけらもなく、なんとなく笑いを誘うようなユーモアが漂うようなものになる。本間さんの「実用品」の中にも、なかなかオジハル的なものがある。たとえば、
c0164709_222387.jpg

は便所電気自動点灯装置。ドアの開閉を使って、伝統のスイッチ紐を引っ張るという工夫だ。夜は助かるかも知れないけれど、点灯の必要もない昼間でも明かりがつくという微妙な工夫だ。これなどは、「工夫癖」の中に出てきても全く違和感がない。そして極めつけにうけたのが
c0164709_2224172.jpg

これだ。さて、図を見て何だと思います? 下にタイトルの一部がでていますが、これは、[気が付かぬ位置のタンスの鍵」というものだそうだ。タンスの横の金具で目立たないところに穴を開けてタンスの引出にも穴を開けて、ネジで止めてしまうという工夫だ。
えっと、これって、開け閉めにはドライバが必要だし、金具があるところじゃないと目立っちゃうわけだし…、そもそも本で書いたら、意味ないし…という謎の工夫である。もっとも、最後の点には著者も気がついていて「しかしここで降下して了えば何にもなりませんから諸君はどこか別の位置を選ぶか又は別な方法をとるかしてやってごらんなさい。」とあっさりと終わっている。それにしても、当時の日本で何人の子どもがタンスの横に穴を開けて親に怒られたのか知りたいものだ。
ここまでで本の内容は大体紹介した(これ以外にも、なかなか面白い工夫はあるのだけれど)。あと一回、番外編として、この本についている広告を紹介するつもり。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-10 22:11 | 科学系 | Comments(0)

家庭実用品の作り方(5):少年技師ハンドブック

これまで時計やニクロム線を使った工作を紹介してきたけれど、本間清人さんは生まれついての工夫好きのようで、ほんとに幅広い分野の工作が紹介されている。
c0164709_21311497.jpg

は懐中電灯。分解図
c0164709_21311632.jpg

を見れば分かるように、持ち手をあげるとスイッチオンする。
c0164709_21315718.jpg

これは天秤、
c0164709_2132997.jpg

本棚
c0164709_21322224.jpg

手押し車。そして、テニスのネットを張って固定するための器具
c0164709_21324299.jpg

およそ目につく総てのものを改良するか自作しないと気がすまないようである。いや、それどころか、
c0164709_21335060.jpg


c0164709_21335461.jpg

は本人開発の屋内ゲーム。ピンポンほど目まぐるしくなく、運動になるという。机の上をボールを転がす遊びだけれど、Dr.中松だったら、これを根拠にエアホッケーの特許を持っていると言いそうな品だ。
c0164709_21363117.jpg

これがホンマスゲーム(ホンマズゲーム?)というこのゲームのプレイ風景。残念ながら後ろ向きが著者だそうだ。もちろん、この名称をネット検索をしても、これを書いている時点ではヒットは0件だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-09 21:38 | 科学系 | Comments(0)

家庭実用品の作り方(4):少年技師ハンドブック

今日はニクロム線を使った工作の紹介。最初に出てくるのは
c0164709_2139861.jpg

ニクロム線の巻き方というところがインパクトがある。昔温度勾配炉を作るときに、アルミナ管に太めのニクロム線を巻いたことはあるけれども、普通に使うサイズに発熱体を巻くという発想はなかった。
c0164709_21391642.jpg

巻き方のコツもかいてあり、目標径より少し細めに巻くそうだ。アルミナ管の時は直接巻いたので、ほどけかかるのに手を焼いたけれど、確かに、少し細めに管で癖をつければよかったかもしれない。
そして、巻いたニクロム線で作るのが電熱器。軽石に鏨で溝を掘るという。これも、かなりインパクトがあった。
電熱器の次はトースターもあったのだけれど、それはおいといて次ぎにお見せするのは
c0164709_21392058.jpg

投げ込みヒーター。これは、一寸危ない気がする。外壁に接触すると感電の危険性があるし、それに工作がまずいとヒーター部分が水没する。今の投げ込みヒーターは水中分にはつなぎ目がないと思う。それから、電熱ごてもある。
c0164709_21392359.jpg

これは、雲母の回りにニクロム線を巻いたヒーターから作るという話だ。ニクロム線を巻いたヒーターは、液晶のホットステージにも使っている物なのだけれど、実に、ヒーターを自分で作るという発想はありませんでしたね。これは、大きな反省点でした。ハンダごて用の雲母ヒーターは、大昔は15W程度の小型のもあって、業界によっては、実験必需品だったのだけれど、いつか欠番になって、今では40Wが最小クラス。もっと小さいのが欲しいと思うこともあるのだけれど、実は作れば良いのかと少し目から鱗状態だ。
本日の最後に紹介するのは
c0164709_21392689.jpg

自動車のヘッドライトの廃品利用のハロゲンヒーターのようなもの。こんなのを見ていると、ほんとに本間さんは工夫好きだと思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-07 21:59 | 科学系 | Comments(0)

家庭用実用品の作り方(3):少年技師ハンドブック

時計を箱に入れるだけでは、小学生の夏休みの工作という感じだけれど,目覚まし時計を使った細工となると、中学校以上の技量が必要となるように思う。
c0164709_218030.jpg

は時計の時報を他の部屋でも鳴らすための工夫。時報を打つベルのハンマーに糸を結びつけてスイッチの開閉に使うという工夫だ。配線の先にはベルを用意しておく。これなら、確かに複数の部屋で時報を鳴らすことが出来る。
続いては目覚まし時計を使った細工。目覚ましのベルを鳴らすためのゼンマイの巻き上げを半分程度は金属板で蔽った円筒に付け替える。最初は電極が金属から外れた位置にしておく。目覚ましが鳴り始めるとゼンマイの巻き上げが回っていってスイッチ部分に到達すると、他の部屋に置いておいたベルもなる仕組みだ。
c0164709_2193027.jpg


こちらが、他の部屋のベル。
c0164709_21121731.jpg

目覚ましの活用には違うバージョンもある。
c0164709_2115399.jpg

は目覚ましの巻き上げの戻り運動を使って部屋のスイッチを動かす工夫。目覚ましがちゃんと固定されているので、スイッチが少しばかり固くても問題はなさそうだ。

こんな工夫をみていると、機械+アナログ装置の時代には、小物発明的工夫の余地が多くあったのだと思う。今だとデジタルの目覚まし時計だから他の部屋でベルを鳴らす工夫をするなんていうのは不可能だ。せいぜい目覚まし時計の画像をネットカメラで撮影して他の部屋で見るなんて話になりそうだけれど、そんなことをやるなら、時計をもう一個というところだろう。

そういえば、大昔に液晶の保温炉をゆっくりと降温するのに使っていた装置は、アナログの温調の温度設定用ダイヤルにプーリーを取り付け、それをゼンマイ駆動の微回転装置に結びつけて徐々に設定温度を変えるというものだった。誰かがゼンマイ駆動装置をゴミ箱から拾ってきて作ったと聞いている。
今だと、コンピュータにつながった温調を使うところだけれど、それに比べると素朴だけれど、でもあるいみ日常の知識の範囲で工夫できることで、そういう意味では研究でも工夫の余地が多くあったのかも知れない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-06 21:24 | 科学系 | Comments(0)

家庭用実用品の作り方(2):少年技師ハンドブック

本の著者は本間清人氏。Webで詮索をすると、戦前に鉄道模型のゲージ(線路間)幅50mmを提唱した人という記述が見つかるが、それ以外の情報は引っ掛かってこない。少年技師ハンドブックのシリーズでは、この本の他に、「電車と電気機関車の作り方」、「科学玩具の作り方」、「モーター利用模型の作り方」の著者でもある。
前書きを見ると
c0164709_20522347.jpg

と四谷に個人研究所をかまえていたらしく、本文には、かつては大学の研究所に勤めていたという記述があるけれども、この時には大学はやめて個人発明家というように感じられる。
目次を見ると
c0164709_20593583.jpg

と、階段で上と下の両方でスイッチできる配線という、少しばかり意表を突いたところから始まる。その後は、時計がらみの工作が続いていく。最初の二つは
c0164709_2104654.jpg


c0164709_2105036.jpg

と懐中時計や腕時計を使う置き時計工作。なんか、小物発明という感じだ。ちなみに、最初の懐中時計の箱の方は、著者が中学の時に似たようなものを作って、製品としても世に出た物らしい。そいういう意味では、子どもの頃からの発明家という感じだ。
そういえば、昔はテレビで「アイデア買います!ただいま特許出願中」なんて番組もあったくらいで、素人発明というのは今よりももっとポピュラーなものであったのかもしれない。
次回は、もう少し動きや電気のある工作を紹介する予定。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-05 21:06 | 科学系 | Comments(0)

家庭用実用品の作り方:少年技師ハンドブック

大昔に行ったことのある古本市の目録がいまだに送られてくる。
c0164709_1010458.jpg

もう久しく会場に足を運んだ事は無いのだけれど、やってくるとパラパラとだけは目を通している。ネット検索で居ながらにして、古本も見つけ出して入手出来る世の中に、このような目録や古書市に意味があるのかと思う人もいるかと思うけれど(まあ、そんなことを思う人はここにはたどり着かないだろうけれど)、自分が探しているものではない物を見つけるのには実書店や古書目録の方が遙かに優れている。実書店はそれなりの分類で本が並んでいるので、探している本と近い領域の本で予想外のものに当たるのに対して、古書目録であまり分類されずに本が並んでるものでは、思いがけない領域の本が拾えることがある。
ネットの買い物でも、これまでの買い物傾向からお勧めの本とか出ては来るのだけれど、お勧めの精度は高くはない。そして、これは単にアルゴリズムの問題ではないだろうと思う。というのは本棚orgで類似本棚を拾っても、確かに重なる本はあるのだけれど、類似よりも趣味の違いを感じることの方が多い。人は多軸で多様性のある存在であり、流行り物を追いかけるのでない限り、平均的好みに当てはまる人はいない。この点は少し前に記した平均的な人の少なさと同じ話だ。
さて、今回やってきた目録を見ていたら
c0164709_10105289.jpg

が目についた。本屋で見かけたら確実に手に取ってしまうようなタイトルだ。真ん中の本以外にも、鉄鋼の本や昆布の本もちょっと興味はあるのだけれど、そのレベルまで買い集めていたら、パンクしちゃうんで見なかったことにする…。古書店開催まで少し時間があったので、毎度おなじみの日本の古本屋のサイトで少年技師ハンドブックを探すことにする。取り敢えず探す物が分かっている場合には確かにネットは便利ではある(とはいえ、amazonの古書には実質的になかったので、ネットでも何処で何を探すかは重要な知識だ)。分かったことは、少年技師ハンドブックというシリーズ物であること。そして、日本の古本屋にも家庭実用品の作り方が上がっていたけれど、それは目録を出している本屋と同じところだった。そこで、やってくるのを待たずに注文して、やってきたのが
c0164709_10114440.jpg

大きさは新書版。カバー、または箱はなく状態はあんまり良くない。子ども向けの本は本棚に鎮座することもなく、特に、こんな工作の本は現場で使われるだろうから状態がよくないのは当然だけれど、それでも、
c0164709_1011478.jpg

などという、なかなか凝った表紙がついていると、いったいどんなカバーか箱に入っていたのかと知りたくなるというものだ。発行元は誠文堂。中身については、図版が多くなってしまうので、改めて。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-04 10:13 | 科学系 | Comments(0)

下草刈り

刈払い機のナイロンコードがきれてしまっていたので、ホームセンターで買ってきた
c0164709_8592868.jpg

自動繰り出し式なんだけれど、取扱説明書はとっくの昔に方向不明。構造を見て思案して取り付けてみた。一応、OKの模様。
c0164709_8593135.jpg

草刈り前の写真がないのだけれど、膝上ぐらいに生い茂った草がいなくなって、さっぱりとした。それにしても、植物の生命力にしみじみと感嘆する。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-04 09:06 | 植物系 | Comments(0)

シュークリーム倶楽部

夕方に会合が終わって建物を出ようと思ったら妙なオブジェ。
c0164709_22411639.jpg

ホログラフィーで、視点を変えるとちゃんと立体的に見える。のだけれど、撮影しても立体にはならない。
ふと思い立って駅とは反対の方に歩き出す。目的地はシュークリーム倶楽部だ。
c0164709_22411357.jpg

の横を抜けて歩く。
c0164709_22411010.jpg

この寿司屋の横を抜けて大通りを渡ればすぐにシュークリーム倶楽部だ。
でも、この寿司屋のショーウィンドー
c0164709_22411238.jpg

いつ見ても不思議な気分になる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-08-02 22:46 | 街角系 | Comments(0)