人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

SmA水面上液滴 (Ⅳ)

少し温度と倍率を上げたもの。
c0164709_07450683.jpg

c0164709_07450518.jpg

by ZAM20F2 | 2018-11-30 07:48 | 液晶系 | Comments(0)

SmA水面上液滴 (Ⅲ)

c0164709_07460809.jpg

ようやく色温度設定をなおした。デフォルトの設定では見た目とあわず、色温度を調整して合わせている。
by ZAM20F2 | 2018-11-28 07:48 | 液晶系 | Comments(0)

三の酉

この前の日曜、三の酉
c0164709_08264892.jpg

今年は火事に注意だ。
それにしても、朱印を戴くための行列があって驚いた。今まで、そんな行列は一切見たことがない。
その横の福包熊手御守には行列はなかったし、それが何かを聞いている人がいたくらいなので、大鳥神社に関しては素人さんが来ていたようなのだけれど、翌日にフェースブックを見ると
「本年は参詣者が非常に多く、福包熊手御守は全て出てしまいました。」
とのことで、何かが起こっている印象がある。
一方、上の写真のように、熊手屋さんは年々数が減ってしまっている。
c0164709_08264843.jpg

こちらは、そばの雑司ヶ谷鬼子母神。大銀杏、一部色づいていた。
ススキミミズクが名物だったけれど、店もなくなり、普通には入手できなくなっている。

by ZAM20F2 | 2018-11-27 08:33 | 風景系 | Comments(0)

SmA水面上液滴 (II)

c0164709_20080994.jpg

c0164709_20080933.jpg

相変わらず色温度設定がおかしい。前のエントリーと同じもので拡大率が上がっている。
by ZAM20F2 | 2018-11-25 20:09 | 液晶系 | Comments(0)

SmA水面上液滴

水の上に置いたSmA相。カバーガラスなし。色は……色温度設定のミス
c0164709_08005161.jpg

by ZAM20F2 | 2018-11-22 08:02 | 液晶系 | Comments(0)

掘ってみた

6月にホームセンターで、上庄の里芋の種芋を売っていた。上庄の里芋は福井県大野市あたりの在来種。どう考えても、あのあたりの土と気候じゃないと、全うに育つとは思えなかったのだけれど、買い込んで、そこら辺に植えておいた。一応、葉っぱが茂って、秋になって、掘り出そうかなぁと、その時点で里芋の栽培方法を調べたら、夏場の水やりなどが記してある。何もやらずに放置した身としては、里芋に悪いことをしたなぁなどともおもったのだけれど、とりあえず掘り出して、水洗いしてみた。
c0164709_07523145.jpg

里芋、こんな具合に育つんだと掘り出して眺めている。全体にえらく小振りなのは、土地と放置のためだと思う。味は未確認。
by ZAM20F2 | 2018-11-20 07:57 | 植物系 | Comments(0)

低い

正面に虹が見えたので、車を左に寄せて止めて外に出て撮影した。
c0164709_08061306.jpg

後からみると、レンズに雨滴がついていた。全体にすっきりしないのはそのためのように思う。
c0164709_08061675.jpg

こちらは、その少し前。
それにしても虹、タイミングが難しい。最初の写真は車を止めた時点ではもっとはっきりしていたんだけれど、通り過ぎる車を待って外に出る間に淡くなってしまった。
by ZAM20F2 | 2018-11-18 08:09 | 風景系 | Comments(0)

固いスメクチックから結晶へ

前のエントリーのネマチック相を徐冷すると、
c0164709_19565005.jpg

上の写真のようなのっぺりした組織が一気に成長する。これは、文献によると、層内にも周期構造のあるスメクチック相らしい。歴史的にはスメクチック液晶とは呼ばれているけれども、最近の規約に従うと、3次元的な重心位置の周期構造があるので、結晶に分類されてしまい、Cry相と呼ばれることも多くなっている。とはいえ、本当の結晶とは異なり、分子長軸周りの回転の自由度が残されていて、異方的な柔粘性結晶というか、一種のローテータ-相とでも言うべき状態だと思う。
ただ、この相は降温時のみ出現する準安定そうで、出現したかと思うと次の瞬間には結晶相が育ってしまって、
c0164709_19565007.jpg

といった状況になってしまう。
二つの写真を比べてみると、上の状態がCry相といっても、本当の結晶とは随分と違うものであることが実感できると思う。

by ZAM20F2 | 2018-11-16 20:01 | 液晶系 | Comments(0)

結晶→ネマチック相転移

結晶からネマチック相への相転移。
c0164709_07145259.jpg

c0164709_07145654.jpg

c0164709_07150060.jpg

c0164709_07150521.jpg

見た目組織がそのままだけれども、結晶ではぎざぎざだったドメイン境界がなだらかになっている。模様がそのままなのは、ネマチック相でも分子長軸の方向が結晶と同じためだと思う。
これは、少しばかり極端な感じで、ネマチック相になると結晶とは異なった文様になることもある。
by ZAM20F2 | 2018-11-13 07:18 | 液晶系 | Comments(0)

SmA扇形組織

c0164709_12215746.jpg

by ZAM20F2 | 2018-11-11 12:22 | 液晶系 | Comments(0)