人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お茶の水・神田・九段

お茶の水・神田・九段_c0164709_20374325.jpg

お茶の水・神田・九段_c0164709_20374300.jpg

お茶の水・神田・九段_c0164709_20374304.jpg

by ZAM20F2 | 2019-02-11 20:39 | フィルム | Comments(0)

Statues

昨年暮れに現像したフィルムから。
場所は同じだけれども、違うフィルムのが混ざっている。
Statues_c0164709_07195440.jpg

Statues_c0164709_07194308.jpg

Statues_c0164709_07195466.jpg

Statues_c0164709_07195404.jpg

Statues_c0164709_07194305.jpg

Statues_c0164709_07194307.jpg

by ZAM20F2 | 2019-02-07 07:22 | フィルム | Comments(0)

撒かず

陽気に誘われてふらふらと歩いていたら
撒かず_c0164709_07414565.jpg

そういえば今日は節分
撒かず_c0164709_07414598.jpg

境内には豆撒きの準備もスタンバイ。歌謡の奉納なんかもやっている。
撒かず_c0164709_07414471.jpg

でも
撒かず_c0164709_07414570.jpg

だけあって、コーラスの方は中々どきどきとさせてくれる。
あと1時間ほどで豆撒きが始まるらしいけれども、そんな所にいたら、インフルエンザももらってしまいそうなので、会場を後にふらふらと歩く。
近衛さんの旧居跡から坂を下りかけたあたり、存在を知らなかった公園に行き当たった。
撒かず_c0164709_07414528.jpg

なかなか長閑でよい。帰ってしらべたら、これは公園の1/3程度の区画で、隣には森が広がっているらしい。今度は森まで足を伸ばそうと思う。
公園から坂を下って川を渡る。
撒かず_c0164709_07414574.jpg

川沿いの会社さん、昔は、下の排水管から妙な色の廃液が流れていて、配水管の上に、「当社の排水ではない」旨の大きな看板があったのだけれど、看板がなくなっているところをみると、もはや妙な色の廃液は出てこないのかと思う。
by ZAM20F2 | 2019-02-05 07:47 | 街角系 | Comments(0)

市休日

年に2~3回は西の方に用事があり、昔は乗換駅の市場ビルに足を伸ばして魚介類の仕入れなどをしていたのだけれど、ここ数年、スケジュールがタイトで市場ビルによる余裕がない。
今回も、乗り換え駅で昼食の余裕も微妙で、駅弁かなぁと思っていたのだけれど、朝起きたら西の方、停電で止まっているという。それほど時間がかからずに復旧しそうな感じだったけれど、油断はならないので、とにかく始発駅に行って、乗れる限りで一番早いのに切符を振り替えて、乗ったら、西の方は、あっさりと復旧してしまい、乗り換え駅で妙に時間が出来てしまった。
こうなると…………ひさしぶりに市場ビルに行ってみたくなる。
市休日_c0164709_12581100.jpg

でも、保冷バックなどの準備はないので、生鮮はつらいけれど、手前の川魚屋さんの焼き穴子なら何とかなるかなぁと川魚屋さんによると……
市休日_c0164709_12581296.jpg

ウナギはあるのに穴子はない。聞くと、今日は穴子は焼いていないという。
だいぶ、呆然としながら、それでも市場に行く。
市休日_c0164709_12581268.jpg

この市場、最初に足を伸ばした頃は魚屋が4軒あったのだけれど、今では2軒残るのみ。他にもやめちゃった店があって大夫穴が開いたところに、こんな感じのインド料理屋やうどん屋が入っている。
ところが、今回は開いている魚屋は1軒のみ。その魚屋も品揃えが悪い。なんか、末期的だなと思いながら、それでも、中の喫茶店で珈琲を戴く。
市休日_c0164709_12581242.jpg

ついでに、魚屋さんの消息について聞いたところ、2軒とも残っていて、今日は卸売り市場が休みだから一軒は閉めているとのこと。焼き穴子がなかったのも、これで納得という感じ。次回も、朝からで寄れないけれども、まだ、しばらくは安心出来そうだ。
液に戻って電車を待つ間、貨物列車が通り過ぎる。国鉄の電気機関車はEF66までしか系統的にわかっていないので、その後のをみると、思わずカメラを向けてしまう。
市休日_c0164709_12581251.jpg

by ZAM20F2 | 2019-02-03 13:07 | 街角系 | Comments(0)