人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

何かが違う

c0164709_11221601.jpg


こんな本のパラグラフライティングの章を新西蘭で高校教育を受けた人に見せたら、懐かしがっていた。パラグラフの最初の文で、そのパラグラフの内容をキッチリと表記して、それ以降の文章で内容を展開していけという話なんだけれども、新西蘭では高等学校の作文で、この書き方をたたき込まれるのだそうだ。そんなこと言っても文学作品なんかは違うんじゃないと尋ねたら、文学作品は違うけれども、文学作品を批評する文は、キッチリと書かないと大幅減点になるのだそうだ。

そんな話を聞いてしばらくたった後で、独逸系の企業で働いている人と話していたら、向こうが求めるレポートの作法が極東の島国の普通のスタイルと違っていて、意思の疎通がスムーズじゃない面があるなんて話が出てきた。先方は、パラグラフの組み立てが新西蘭と同じスタイルで、まず結論ありきでその後に説明が来る。それに対して極東の島国の小父さんが書く物はダラダラしているという話らしい。

そんな事も頭にあって、思わず買込んだ本。
c0164709_11222376.jpg

パラグラフライティングを主張しているのだけれども、上の本とは何かが違う……

どうも、こちらの本のパラグラフライティングの目的は「論理的な文章を書くこと」なんだけれども、上の本の目的は「読者に伝わる文書を書くこと」でその手段としてパラグラフの構成があるという作りになっている。両方の本で段落の最初の文章に主題を書くといった手法は同じなのだけれども、その背景にある思想が、根本的に違っている。上の本では、科学技術文書について、決定権のある多忙な管理職は文書をきちんと読んでる時間がないから、ザックリと目を通せる文書にすると、読んでもらえて影響力が出るよねとか、マニュアルなんかは、読者がすぐに必要とする情報を見つけて、内容を理解できるようにする必要があるよねと言った、わかりやすい文書を書く必要性が示されていて、その上で、分かりやすく書くことには努力が必要だけれども、やる価値があるんだという説明が続く。そして、

基本原理
読者にとって新しい情報を、読者が既に知っている情報の枠組みに付け加えよ。

という文言があり、パラグラフの構成へと続いていく。

上の本、文法に関する部分も、Nativeの感覚での説明があり、読み返す度に、へえと思うところがある。



by ZAM20F2 | 2019-07-28 11:23 | 文系 | Comments(0)

もじゃらない

あんぱち屋さんの一つが閉店した。
c0164709_21580534.jpg

伝え聞く話によると店主が亡くなったらしい。
この建物、毎年蔦が青々と茂り、もじゃハウスだったのだけれど、今年は今頃になっても
c0164709_21580581.jpg

なまま。
どうしちゃったんだろう。


by ZAM20F2 | 2019-07-25 05:57 | 街角系 | Comments(0)

カボ夫婦

c0164709_20475623.jpg

カボ夫婦を眺めて、思わずミレーの晩鐘だと思ったのは内緒だ。

by ZAM20F2 | 2019-07-23 05:47 | 植物系 | Comments(0)

写っていればよい

しばらく前の散歩の一コマ
c0164709_10110736.jpg

今頃になって出すのは、同じあたりをフィルムカメラで撮影したのがようやく取り終わって現像したから。
c0164709_10114503.jpg


フィルムカメラからデジタルカメラに変わってからレンズの巨大化が著しい。撮像面になるべく垂直に入射させたいという事情に加えて、レンズ設計に使える計算能力が向上したこともあるのだろうけれども、画面上での等倍確認なんてやらないし、最終うちだしサイズがポストカードであることがほとんどの身としては、過剰スペックだよなぁなどと感じてしまう。
細部、写っているに越したことはないけれども、それ以前に写っている写真が存在するほうが重要。レンズ、ほどほどのサイズの方が好きだ。
c0164709_10114585.jpg

こちらもフィルムカメラに50年近い昔の設計のレンズ。最新のレンズと高画素機の組み合わせに比べれば、細部はぼろぼろ何だろうと思うけれども、これで十二分と感じている。

by ZAM20F2 | 2019-07-21 10:22 | フィルム | Comments(0)

百害あって一利なし

c0164709_06355868.jpg

施主さんには悪いんだけれども、この看板見た瞬間に、この会社ダメだなと思ってしまった。
よくもまあ、これだけ無意味な事柄を看板にして、人目につくところにぶら下げておける物だ。

こんな事を書くと、「施主様に感謝を込めて、そして現場に敬意を払う姿勢の何が悪い」などと言われてしまいそうなんだけれど、理系的感覚から言えば、きちっとした仕事をしてくれるのが一番よいので、そのために、余計なことは、なるべく減らすべきなのである。こんな事に手間をかけて気を使っている暇があったら、その分の注意力や気力を作業に向けるのが正しい姿勢で、その足を引っ張るような、こんな看板で要求される動作はうち捨てた方がよい。

などと書くと、さらに「きちんとした仕事をするためには、対象に敬意をもって、また感謝の念をもって行う必要があるのを知らないのか。宮大工だって、現場に入るときには一礼している(多分)」などと行った精神論を振回されそうなんだけれど、そういう心持は強制されてやる物ではないわけで、心持がないのに強制されてやっている場合には、上に記したように、能率の低下は引き起しても良いことは何にもない。

それに、この会社の作業者が全員、きちんとした心持を持っているなら、上のような看板は無用。それなのに、看板があると言うことは、看板の内容が、この会社の作業員が持ち合せていないものであるか、さもなければ、会社として、施主に気を使っていることをアピールしたいためかのどちらかとなる。前者だと、そんな作業員を使っている会社を疑う話だし、後者だとすると、会社の根本姿勢を疑う話だ。いずれにせよ、ろくな会社ではないという結論となってしまう。

もうさ、こういう過剰な礼儀的慣行は止めた方が良い。世の中をがんじがらめにして、効率を下げる一方だ。こんなの掲げて満足するのは、大変に無能な経営者だけだ。
by ZAM20F2 | 2019-07-19 06:40 | 文系 | Comments(1)

成長中

一月半ほど前に上陸をはたした人々の中の一人。水場から随分離れた場所を歩いていた。
c0164709_07235246.jpg

c0164709_07235298.jpg

尻尾の生えていた頃の色は残っておらず、一人前の顔をしている。
でも、大きさは、まだまだ尻尾の時代から、あまり変わっていない。
by ZAM20F2 | 2019-07-17 07:26 | 動物系 | Comments(0)

ここは何処??

知り合いの展覧会を見に久しぶりの駅に降り立った。駅前に闇市跡が残っていて、川魚屋さんなんかがあった庶民的な町だったんだけれど、路線が地下化されて再開発が進んでいるとは聞いていたのだけれど、降り立ってみて途方にくれてしまった。駅前のスーパーだけは見覚えがあるんだけれど、他に見覚えのあるものなし。思わず、昔に駅前にあって、その後、ちょっと場所を移した寿司屋さんを探すもそこも方向不明。
展覧会は楽しかったのだけれど、その後、街を歩いても見覚えのあるものはない。しょうがないから、親戚の家にいく途中にあったお社で一休みしようと、記憶に頼りにいったのだけれど。
c0164709_18452742.jpg

えっと……
c0164709_18452755.jpg

なくなっている。いくらなんでも神社仏閣が消滅するのはインパクトがありすぎる。なんか、この街、終わってしまいそうな気がしてきた。
帰って調べてみると、お社ではなくお寺だったらしいのだけれど、確かになくなって、一部で話題にもなっていた。

by ZAM20F2 | 2019-07-15 05:43 | 街角系 | Comments(0)

見ている

c0164709_05261994.jpg

見ている人を見ていたら、
c0164709_05262008.jpg

睨まれてしまった。
by ZAM20F2 | 2019-07-13 05:27 | 動物系 | Comments(0)

標識2つ

c0164709_08171912.jpg

こちら、前にだしたことがあると思うけれども、道路面に平行な標識。敷地内に入るのを避ける為に道路側に張り出しているので、車にぶつかって横向きになるのだろうと思う。
ただ、その後、敷地内方向が出っ張るように変更されていて、最近は正しい方向を向いている。
c0164709_08171287.jpg

こちらは、どうやら、車と喧嘩した模様。
このタイプの交通標識、共鳴周波数は人の手で揺すれる程度にある。その周波数で揺すってやると結構大きく揺れて、このまま頑張れば根元からおれるのではという気にもなるのだけれど、さすがに試したことはない。
by ZAM20F2 | 2019-07-11 07:16 | 街角系 | Comments(0)

今昔(II)

c0164709_21171958.jpg

c0164709_21171994.jpg

これが日常の風景だったはずなんだけれど、

c0164709_21172531.jpg

非日常的な壁になってしまっている。
この通り、大阪万博の頃までは賑やかな商店街だったけれど、最近になって魚屋も八百屋も廃業してしまっている。非日常物件の前には肉屋、わきにはパン屋があるのだけれど、非日常効果で盛り上がるのか観察中。

by ZAM20F2 | 2019-07-09 06:17 | 街角系 | Comments(0)