人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

さすが

高校の時の芸術系課目は選択必修で、確か、音楽・美術・工芸・書道から一つを選ぶシステムだったと思う。工芸を選らんだ身の上であるので、音楽に関しては中学が最終学歴となる。
というわけで、音楽とは無縁な暮らしなのだけれども、時々、縦笛で遊んだりしている。縦笛は小学校の時に習った芸だけれども、お酒が飲めるようになってから、木の縦笛を買い込んだ。それから、大夫年月がたって、その縦笛の継ぎのコルクが劣化して交換しなければならなくなった。

安直には、東急ハンズあたりで、コルクテープを買って切って貼ればよいのだろうけれども、コルクテープは細かいコルクを寄せ集めたものが多く、今ひとつ風情がない。というわけで、補修用のコルクを求めて、銀座のヤマハに行ってみた。

各社リコーダーが揃ったコーナーでもコルクは置いてないので、あきらめ半分でお店の人に尋ねてみたら、同じ階の奥の方、楽器修理工房へと案内された。で、待つこと暫し、コルク板が出てきた。さすが、ヤマハさん。1mmと1.5mmがあり、測ってきていなかったけれど、薄すぎると意味ないので、厚い方を購入することにした。
c0164709_21421366.jpg

c0164709_21421338.jpg


価格は、思っていたのの数倍はして、この点でも、さすがヤマハさんと思ったのだけれど、降りるわけにはいかず、ついでにコルクグリスを尋ねたら、場所を教えてくれた。実は、尋ねる前は、プラスチックリコーダーコーナーにあるリコーダークリームしか見つけられておらず、それを買って帰ろうかと思っていたわけで、聞かなければ間抜けなものを買ってしまうところだった。

コルク板。帰ってつけてみたら、1mmでも良かったようで、600番の耐水ペーパで削ることになったけれども、見た目は元に戻って幸せな気分となっている。

by ZAM20F2 | 2019-11-29 06:41 | 文系 | Comments(0)

宝石用ピンセット

c0164709_20415498.jpg

大昔にハンズメッセで入手した宝石用ピンセット。横のスライドを下げると物をつかんだ状態で固定できる。
先端は石を挟むように窪みがある。
c0164709_20415499.jpg

by ZAM20F2 | 2019-11-26 05:41 | 物系 | Comments(0)

ピンセット先端

前のエントリーのピンセットはいずれも無鉤のもの、医療用のピンセットは先端に鉤がついているもの(有鉤)もあるのだけれど、ガラス板を挟むのには鉤は邪魔になる。無鉤の方は、先端の内側がぎざぎざになっている。普通に、その辺りで売っているピンセットと同じあ。
c0164709_08415362.jpg

これは外科ピン
c0164709_08420416.jpg

ポッツスミス
c0164709_08421021.jpg

セムケン。

下は斜めから見たもの。順番は上と同じ。
c0164709_08423713.jpg

c0164709_08424825.jpg

c0164709_08425071.jpg


by ZAM20F2 | 2019-11-24 08:47 | 物系 | Comments(0)

用途不明

ピンセット、先のすり減りが少し気になって、新しいのを買ったら作業性が上がるかなと思案し始めた。先代も医療用の先細なので、医療用のピンセットを眺めて、気になったのを入手した。
c0164709_21293660.jpg

これは外科ピンセット(小波)
c0164709_21295407.jpg

これがポッツスミス
c0164709_21300887.jpg

そしてこれがセムケン

それぞれに作りが違うのは分かるのだけれど、そして、ガラス板を横に挟んでセルを組むのにどれが使い易いかは検討中なのだけれど、もともとの医療用途での用途がどのように違うのか不明。Webを探しても情報に行き当たっていない。

by ZAM20F2 | 2019-11-22 05:28 | Comments(0)

すり減っている?

長らく使っているピンセット
c0164709_20585195.jpg

幅1cmくらいの幅に切ったスライドガラスや透明電極ガラスを側面で挟んでセルを組み立てるのに使っている。
最近滑りやすくなった気がして、先端を眺めてみた。
c0164709_20585135.jpg

なんか、すり減っている気がする。というわけで、その後に買った同じ名称だけれど、出來が悪い気がする品も調べてみることにした。こちらは使用頻度が少ない。
c0164709_21005510.jpg

本体の形状も微妙に違うのだけれど、
c0164709_21005914.jpg

先端の凸凹のピッチも違っていたのを初めて知った……
by ZAM20F2 | 2019-11-20 05:58 | 物系 | Comments(0)

街の空

c0164709_18211365.jpg

c0164709_18205864.jpg

by ZAM20F2 | 2019-11-18 05:20 | Comments(0)

フィルム総合カタログ’95

雑多な資料を投げ込んでいたところから発掘された小冊子。
c0164709_20412055.jpg

1995年のヨドバシカメラの取り扱いフィルムの紹介だ。
冊子をめくって、当時のフィルムの種類の多さと価格の安さにため息をついている。ASAが2桁の微粒子フィルムも複数の選択肢があるし、
c0164709_20412071.jpg

スライドフィルムの王様も健在。
c0164709_20412025.jpg

技術遺産認定品もあれば、
c0164709_20412152.jpg

c0164709_20412104.jpg
存在していたことが想像できないような特殊なカラーフィルムだってある。

もちろん、モノクロでも欠かせない特殊フィルム。
c0164709_20412099.jpg


そして、店の売り場一面のフィルム。
c0164709_20412004.jpg

デジタルへの移行は、いろいろな恩恵をもたらしてはいるのだけれども、一方で、少しばかり特殊なことをやろうとすると、不便でコストがかかるようになったのも確かだろうと思う。



by ZAM20F2 | 2019-11-15 06:41 | Comments(0)

ラベル買い

酒屋さんに行ったら、ラベルが「買って」と言っていた。
c0164709_20035519.jpg

素直に従った。


by ZAM20F2 | 2019-11-13 05:03 | 物系 | Comments(0)

モデルチェンジの前後

折りたたみ傘が壊れた。まあ、10年ぐらいは鞄にいれて持ち歩いている品だから、寿命と言えば寿命となる。というわけで、同じメーカーの同じ名称の傘を買ったら、マイナーチェンジして作りが少しばかり変わっていた。
c0164709_19475967.jpg

c0164709_19481486.jpg


黄緑が新しい品。

写真ではわかりにくいけれども生地が少し薄手のしゃっきりしたものになっている。
c0164709_19483951.jpg

そして、骨の末端の止め方も変わっている。
c0164709_19490454.jpg

c0164709_19485862.jpg


それ以外、持ち手がコンパクトになり、
c0164709_19492465.jpg

石突きのところの紐が細くなっている。
c0164709_19492970.jpg

中の部品の材料も微妙に変化していた。

壊れた傘、3代目で同じ物を使い続けている。頭の中では1980年台初頭から使っているのだけれども、なにしろ販売開始が1987年なので、使い始めたのはそれ以降のはず。1本、大体10年持っている勘定だ。確かに、10年経つと、防水スプレーをふっても、何となく雨がしみてくる感じになってくるし、まあ寿命といえば寿命かも知れない。

ところで、先代の傘の壊れた場所は軸の傘を伸ばした時のストッパー金具で、そのために、傘を伸ばしてもずるずると短くなるようになってしまっていた。で新しい傘を買ったときに、その話をしたら、「修理できますよ」とのこと。一瞬、買うのを止めようかと思ったけれど、まあ、大夫疲れていたので、買うだけは買って、日頃電車で通過している駅にある店で修理に出すことにした。
ネットで調べてみると、いろいろと細かく修理指定ができる様子。ただし、修理には1ヶ月以上かかるらしい。一瞬、布の張り替えも頼んじゃおうかとも思ったのだけれど、それやっていると修理費もかさみそうなので軸だけの交換とした。
修理に出したのは9月の半ばだったと思うのだけれど、先週に連絡が来て無事引き取ってきた。


by ZAM20F2 | 2019-11-11 05:46 | 物系 | Comments(0)

太陽広場

c0164709_07060389.jpg

by ZAM20F2 | 2019-11-09 07:06 | 街角系 | Comments(0)