人気ブログランキング |

タグ:製図 ( 93 ) タグの人気記事

発表型式の変遷(絶滅種:内田洋行 レタリングセット)

発表型式の変遷(絶滅種:内田洋行 レタリングセット)_c0164709_10562599.jpg

これは内田洋行のレタリングセットである。かつて、コンピュータもプリンターも身の回りにはなかった頃、発表で使うグラフや図は手で一枚ずつ描くものだった。グラフの枠組みは定規があれば引ける。曲線は雲形定規や自在定規で対応できる。そして、数値や文字を書き込むのに、テンプレートやレタリングセットが使われていた。極東の島国では、テンプレートの方が一般的だったような気がする。あるいは、分野によるのかもしれないけれど、少なくとも係わった領域の中でレタリングセットを持っていたのは長らく米国にいた人だけで、それ以外はテンプレートだった。
というわけで、レタリングセットを実際に使ったことはないのだけれど、存在を知っていて、かつネットオークションに手頃な値段で出品されていた結果として手元にある。
レタリングセットは、専用のテンプレートとそれをなぞる道具からなる。ペン先はロットリングなどの中空のパイプに針を通すタイプで、テンプレート毎に指定の太さがある。
これだけだと、テンプレートと同じなのだけれど、レタリングセットの場合は、ネジを調整すると斜体の程度を変えられる。ちょっと、高度な道具だったのである。
発表型式の変遷(絶滅種:内田洋行 レタリングセット)_c0164709_10562883.jpg

手書きの図はその後で35mmフィルムで撮影してスライドになっていた。スライドにはいわゆる白黒反転のものの他、ジアゾを使ったブルーに発色するものがあった。1970年代頃からゼロックスコピーとOHPが普及し、スライドはOHPに変わっていった。この変化は物理系の学会の方が化学系の学会よりも早かった印象がある。そして、生物・医学系の学会は随分とあとまでスライドを使っていた。これは、当時のOHPではカラー写真の取り扱いが困難だったためだろうと思う。
OHPも当初は手書きかモノクロコピーだったけれど、いつの頃からかカラープリンターになったと思ったら、あっと言う間にプロジェクターへと変わっていった。それにともなって、プレゼンテーションソフトが主流となった。極東の島国ではパワーポイントより、フリーランスの方が最初に出ていた気がするのだけれど、気がつけばWindowsではパワーポイント一色である。

ポスターも、ここ10年で大きく変わった。A4の打ち出しを貼り合わせるスタイルは、どちらかというとマイナーになり、A0サイズの打ち出しを1枚貼る方が普通だ。これには善し悪しがあり、A0打ち出しの方が、見栄えをよくする代償として同じ面積あたりでは平均して情報量は少なくなっているような印象がある。まあ、これはポスターに限った事ではなく、口頭発表でのアニメや動画の活用も、見る側を分かった気にさせる一方で、同じ時間あたりの情報量が減っていることが多いように思う。

ところで、ポスターだけれど、その昔は模造紙が使われていたらしい。それこそ、卒論発表のように小規模でスライドを作るまでもないようなものでは、模造紙を何枚か重ねたものを用意して、それをめくりながら発表をしたものらしい。そういえば、学生の頃に、ある先生からマジックインキがいかに偉大な発明であったかを教えてもらったことがある。マジックインキが発明されるまでは、卒論発表の模造紙ポスターは墨汁で描かれていたので、発表直前に仕上げたものなど、いざ発表のためにつるすと、墨汁がたらりとたれていくという惨事が毎年のように繰り返されていたのだそうだ。
by ZAM20F2 | 2012-03-24 10:58 | 文系 | Comments(0)

スリーブカッターと精密円定規

スリーブカッターと精密円定規_c0164709_202441.jpg

精密円定規・パイクリーとコンサイスのローリングスリーブカッター。
パイクリーは見てのとおり回転する透明な円盤の円定規。0.5mmのシャープペンシル用である。その隣にあるのはシャープペンシルではなくコンサイスのローリングスリーブカッター。
キャップととると
スリーブカッターと精密円定規_c0164709_20242076.jpg

とシャープペンだけれど、本体を捻ると出てくるのは鉛筆芯ではなく
スリーブカッターと精密円定規_c0164709_20242287.jpg

先端を更に拡大すると
スリーブカッターと精密円定規_c0164709_20243475.jpg

という感じ。この刃先はスリーブ内で自由に回転するので曲線が自在に切れるという触れ込みである。のだけれど、使うのには微妙にコツがいるみたいで、少しばかりお蔵入りになっていた。でも、あるとき、普通の円定規と組み合わせると円がきれいに抜けるのに気がついて、使用頻度が上がっていたのだけれど、パイクリーを見た瞬間にもっと幸せになれる気がして、大幅値引き商品だったのもあり買ってみた。
試したところ調子がよく、発作的に
スリーブカッターと精密円定規_c0164709_202484.jpg

な小円用も(こちらは大幅割引でないにもかかわらず)買い込んでしまった。
スリーブカッターと精密円定規_c0164709_20243721.jpg

これが、使ってみたところ、なかなか細い輪っかも切り出せる。
by ZAM20F2 | 2012-03-05 20:32 | 物系 | Comments(0)

絶滅種:ケント英式烏口

絶滅種:ケント英式烏口_c0164709_618138.jpg

ケント英式烏口だけれど、先端部分に特殊鋼を使っているタイプだ。特殊鋼はもちろん、硬度の高いもので先端の摩耗が少なくなる効果がある(研ぐ間隔が長くなる。でも研ぐのに手間がいるだろうと思う)。
見てのとおり、途中で鋼がついである。おそらく根本の蝶番のような複雑な構造を硬い鋼で作るのが大変なのでこうなっているのだろうとおもう。
絶滅種:ケント英式烏口_c0164709_6181575.jpg

裏側も途中で鋼をついでいる。
ところで、英式烏口は根本が蝶番で開くようになっているので、独式のように烏口自体にはバネの復元力がない。そこで、根本のところに小さなバネが入っている
絶滅種:ケント英式烏口_c0164709_6182438.jpg

by ZAM20F2 | 2012-03-03 06:23 | 物系 | Comments(0)

プラニメータ

プラニメータ_c0164709_20432841.jpg

 プラニメータの事を初めて知ったのは、ロゲルギストエッセイで、確か横車を押す話といったタイトルだったと思う。中学か高校のころの話だ。地図などで、ある閉領域の面積を出す道具があると知ってわくわくした記憶がある。
 プラニメータは、用途の持ち合わせもない人が買うのには高価な道具であり、あこがれているだけの道具であった。ところが、ネットークションに出ているのを先日見つけてしまい、相変わらず用途の持ち合わせはないものに、きわめて手頃な値段だったので、思わず入札してしまった。
 幸いに、競争相手は存在せず、家にやってくることになった。外箱はかなり疲れているけれど、本体は見た目からするとデッドストックに近い準新品。残念ながら説明書はなく、Web上でプラニメータの使い方を探すこととなった。
 NIIの論文データベースの化学系の解説記事にプラニメータを紹介したものがあり、そこでは、熱分析の測定データの面積(潜熱等に相当する)を求めるのにプラニメータを使う記述がある。今でこそ、ピーク面積の算定はコンピュータ任せで、一応ベースラインは引くけれども、あとは数値データが出て来る世の中になっているけれども、確かに、ほんの2~30年前までは、測定装置にはコンピュータはついておらず、面積は自分で何とかして求めなければいけないものだった。標準的な手法は、測定データをゼロックスでコピーして、求めたい面積部分を切り出して天秤で重さを量る。ゼロックスが使えるようになる以前は、本体を切ってしまうと、後でデータが全く残らなくなるので、トレースしてやっていたのかなとも思うのだけれど、どうやっていたのかは確かめたことはない。
 当時、学生実験で紙を切って面積を求めたことはあるけれども、プラニメータを使ったことはない。天秤は汎用器機だから研究室に一つぐらいあったけれど、プラニメータのように用途が限定されたものを買い込む発想はなかったのかもしれない。
 今でもデジタル化されたプラニメータは販売されているようであるけれども、この写真に示したのとは別の方式の進化版になっているように見受けられる。
 
プラニメータ_c0164709_20433294.jpg

面積は根本の目盛りで見る。この状態で10cm角の領域を回して左の車が1回転になった。
プラニメータ_c0164709_20433888.jpg

裏から見ると、ウオームギアで目盛板を回すようになっている。ピポット軸だけれど、精度が良くて、気持ちよくくるくる回る。
プラニメータ_c0164709_20434092.jpg

これは、目盛板側から。右の方は腕木の軸。こちらも精度良く作られている。
プラニメータ_c0164709_20434340.jpg

これは腕木の方から。
by ZAM20F2 | 2012-02-19 20:52 | 物系 | Comments(0)

リーフラー社 ドロップコンパス(先端)

リーフラー社 ドロップコンパス(先端)_c0164709_21365336.jpg

こちらは、リーフラー社のドロップコンパスの先端部分。
差し替え式なのだけれど、普通の差し替え式と違って差し替え部分はネジで止めるようにはなっておらず、単に差し込むだけ。それできっちりなるように作られているわけだ。
リーフラー社 ドロップコンパス(先端)_c0164709_21365010.jpg

鉛筆の部分も、すらっとしたデザイン。指紋がついているのは…目を瞑って下さい。
by ZAM20F2 | 2012-02-13 21:39 | 物系 | Comments(0)

独逸Haff社ドロップコンパス

独逸Haff社ドロップコンパス_c0164709_19535848.jpg

昨日のコンパスの先端の方。烏口へつながるカーブの工作がなかなかすごい。
さらに先端を拡大すると
独逸Haff社ドロップコンパス_c0164709_19541728.jpg

目で見てきがつかなかったけれど、一部サビが出ている模様…
by ZAM20F2 | 2012-02-11 19:56 | 物系 | Comments(0)

独逸Haff社小型ドロップコンパス

独逸Haff社小型ドロップコンパス_c0164709_20261979.jpg

だいぶ前にリーフラー社のドロップコンパスを出したけれど、こちらはHaff社のもの。小さな円用。もちろん、ドロップコンパスはもともと小円用なのだけれど、これは描画範囲が0.3~10mmとなっている。
by ZAM20F2 | 2012-02-10 20:30 | 物系 | Comments(0)

SMZ特選良質革張純鉛製製図用文鎮ソフトウエイト粒文鎮

製図用の文鎮である。
SMZ特選良質革張純鉛製製図用文鎮ソフトウエイト粒文鎮_c0164709_801268.jpg

外側は多分セーム革。内側には鉛。普通は、円筒などのブロックの鉛を使っているのだけれど、これは鉛の粒が入っている。ので
SMZ特選良質革張純鉛製製図用文鎮ソフトウエイト粒文鎮_c0164709_801072.jpg

な感じにもなる。
どうやら、もともとは船舶などで使われていたもので、船が揺れて床に転がり落ちても変形しないし、足の上に落ちても大丈夫という品物らしい。
製図用文鎮は持っているけれど、こんなものがあったとは先日まで知らなかった。作っていたのはシミズ製図器製作所。他にも海図用デバイダ-等の船用製図器具も作っていた模様。この会社が、現在では、エスエムゼット・クラサワとしてネット販売もしている。多分、この手の製図器はもう作っていないのだろうと思うけれども、在庫はあるみたいで入手出来る。小物撮影の時に、紙を抑えたりするのに便利かなと思って買い込んだのだけれど、それ以前に手触りが気に入ってお手玉のように遊んでいる。
by ZAM20F2 | 2012-02-06 08:07 | 物系 | Comments(0)

絶滅種:ケント英式抱針スプリングコンパス

絶滅種:ケント英式抱針スプリングコンパス_c0164709_2023582.jpg

ケントの英式製図器。抱針式。抱針式と箱に書いてあっても、いわゆる抱針とは違うタイプのもあるのだけれど、これは、本当の抱針式タイプだ。
by ZAM20F2 | 2012-02-04 20:25 | 物系 | Comments(2)

絶滅種:ステッドラー社芯研器

ステッドラー社の芯削り
絶滅種:ステッドラー社芯研器_c0164709_19572156.jpg

芯ホルダー(2mmの鉛筆の芯を使う筆記具)の芯先をとがらせるための道具である。最近の物に比べると結構巨大。
絶滅種:ステッドラー社芯研器_c0164709_19585253.jpg

左が、現行機種。旧機種はかつては持っていて部品の一部は残していたつもりなのだけれど、探しても見つからずにいたら、ネットオークションに出ていたので、発作的にぽちってしまった。
内部の削部分は
絶滅種:ステッドラー社芯研器_c0164709_207691.jpg

と、刃がついている。ちなみに、現行機種は単刃ではなく、ヤスリのような円筒の刃がついている。で、この機種の刃は磁石につかない。だって
絶滅種:ステッドラー社芯研器_c0164709_2081926.jpg

なのだ。
まあ、こんな素材を使っていたから、廃番になってしまったのだろうという気はする。

(追記) バインダーの種類によっては、WC超合金でも磁石につくらしい。
by ZAM20F2 | 2011-11-23 20:10 | 物系 | Comments(0)