人気ブログランキング |

タグ:顕微鏡 ( 147 ) タグの人気記事

やってきた

今年度に定期購読している雑誌がやってきた。
c0164709_11300207.jpg

月刊誌だけれども、偶数月の初めに、偶数月と奇数月の2ヶ月分を送ってくる。偶数月の初めに偶数月の号が手に入るから、文句はないのだけれども、その次の奇数月のも手に入るということは、偶数月の号は一月ほど前には発行され、本屋では入手可能になっていることを意味している。実際、今月号の評判はそこかしこに上がっている。でも、この雑誌、定期購読の読者が多いらしく、このタイミングで、今月号が本来の読者の手元に届いたのだろうと思う。

定期購読にしたのは、6月号の「珪藻美術館」を確実に入手するためもあったのだけれども、それ以外にも、なんとなく、面白げなタイトルが並んでいたこともある。
c0164709_11300205.jpg


4月は「家をかざる」。
c0164709_11294365.jpg

世界のいろんな家の写真集。土地によっては、家に文様をつける風習があるようで、そのような地方の家々の写真。世界不思議発見的なふしぎだ。

5月は「日本海のふしぎ」。
c0164709_11294276.jpg

こちらは、漫画的なイラストの本。日本海は周囲の海とは浅い海峡で繋がっているけれども、平均滴には1700mの深さを持っていて、ミニ海洋的な要素があるとか、業界の人には常識かもしれないけれども、言われてみて、気がついたり知ったりした話も多かった。

7月の「ブラックホールってなんだろう」は、なかなかの野心作だと思うのだけれど、熟れきっていないところもある。
c0164709_11294290.jpg

ま、想定読者である小学生に向かって、潮汐力やら角運動量保存が絡む事柄の話をしなければならないわけで、読んでみて代案があるのかと言われたら、頭を抱えるしかないのは確かだ。でも、「その正体を解き明かすのは、あなたかもしれません」という終わり方は、少しばかりではなく、ありきたり感がある。

ちいさな・ちいさな・ガラスの世界」という副題のついた6月号は「珪藻美術館」。
c0164709_11294297.jpg

同じ表題の本が数年前にも出版されて、絶版になっている。今回の珪藻美術館も同じ著者だけれども、写真のかぶりはない。

さて、今回の「珪藻美術館」数頁の綺麗な写真の後で「私は、ガラスを集め、ならべて、一つの作品をつくるという仕事をしています。」という文で始まる。そして、珪藻の説明を交えながら、「1.珪藻を採取しよう」「2.ガラスをきれいにし、種類ごとに分ける」「3.ならべる」と珪藻アートを作るプロセスの説明が続く。綺麗な写真が楽しめるだけでなく、ガラスの殻をかぶった植物が存在するという知識も得られる。

本は、珪藻屋さんの仕事を軸に構成されていて、そして、楽しめる多くの写真があるのだけれども、本来の読者の人にとって、少し遠い世界の話になってしまうのではないかと少しばかり感じている。

本に載っているような珪藻を目にする機会は多くの人にはほとんどないだろうと思う。そうなると、身の回りにあるものでも、遠い世界になってしまうのだけれども、七輪はともかくとして、珪藻土の壁材など、この本の読者層の家庭には珪藻を使った品物がありそうな気がする。そんな話が紛れ込んでいたら、想定読者もその関係者も、壁を見たり、風呂上がりの水を吸うマットを見る目が、もう少し変わるようになったのではないかという気がした。

掲載されている写真については、1ヶ月前に書評を出しているような人々の間では絶賛されているのだけれども、逆に、レベルが高すぎて、手元に顕微鏡があって、ちょっと覗いてみようとした人にとって、自分の目に映ったものが、本の写真に比べると混沌としすぎていて、どうして良いのか分からずに断念してしまう場合も出るように思う。不思議新聞の方にでもよいので、初めて顕微鏡を覗く人の助けになるような図鑑や本の紹介があったら、もう少し幸せになれる人もいるかも知れない。

そして、珪藻を並べるのに仙人のような生活を行っているという内容。これは、ほとんどすべての読者にとって、試してみようという気持ちを抱かせなくなるようなものであるように思える。もちろん、あのレベルでの作品を作るのには、本に書かれている以上の試行錯誤と、ものすごい努力が必要だと思うのだけれども、でも、もっとゴミだらけで、うまく並んでいないようなものでも、自分で作ったものなら、楽しんで見ていられる気がする。そのためには、とりあえずの敷居は高くなく見える方がよいだろうと思う。そうして、層が広がれば、その中から、よりレベルの高い珪藻アートを作り出す人も出てくるだろうし、また、本にのっている写真の凄さを実感をもって理解できる人々も増えていくのではないかと思う。

この本、ハードカバー版にならないかなぁと思っているのだけれど、そのときには、最後にでも、参考になる本が掲載されたら良いなと思っている。

なお、著者のWebには、没になった写真も含めて、本に関するいろんな話が載っている。まあ、このWebに来る人はとっくにご存じだと思うけれども、まだ見ていない人は、是非ご一読あれ。

by ZAM20F2 | 2019-06-02 11:35 | 科学系 | Comments(0)

固いスメクチックから結晶へ

前のエントリーのネマチック相を徐冷すると、
c0164709_19565005.jpg

上の写真のようなのっぺりした組織が一気に成長する。これは、文献によると、層内にも周期構造のあるスメクチック相らしい。歴史的にはスメクチック液晶とは呼ばれているけれども、最近の規約に従うと、3次元的な重心位置の周期構造があるので、結晶に分類されてしまい、Cry相と呼ばれることも多くなっている。とはいえ、本当の結晶とは異なり、分子長軸周りの回転の自由度が残されていて、異方的な柔粘性結晶というか、一種のローテータ-相とでも言うべき状態だと思う。
ただ、この相は降温時のみ出現する準安定そうで、出現したかと思うと次の瞬間には結晶相が育ってしまって、
c0164709_19565007.jpg

といった状況になってしまう。
二つの写真を比べてみると、上の状態がCry相といっても、本当の結晶とは随分と違うものであることが実感できると思う。

by ZAM20F2 | 2018-11-16 20:01 | 液晶系 | Comments(0)

SmA扇形組織

SmA相の扇形組織(fan-shaped)
c0164709_08141210.jpg

くらい部分は分子長軸が基板に垂直。元は、全面水平配向だったが、カバーガラスをずらしたら、部分的に垂直配向になり、また水平配向の部分もずらした方向に垂直に並んでいる。
by ZAM20F2 | 2018-11-09 08:18 | 液晶系 | Comments(0)

小角鋭敏色板による低リタデーション試料のコントラスト増強

雲母板を通常の鋭敏色板と超鋭敏色板で比較する画像を載せたエントリーの最後に、普通の鋭敏色板を使って、よりコントラストを高くできる方法が見つかったと記した。それが書いてあったのは、
Journal of Microscopg, Vol. 180. Pt 2. November 1995, pp.127-130, Polarized light microscopy of weakly birefringent biological specimens, R. H. NEWTON. J. P. HAFFEGEE & M. W. HO
という論文で、通常の鋭敏色板を偏光子(検光子)の軸に対して45度ではなく、10度以下程度の角度で入れるとコントラストが良くなるよという内容だった。

通常の偏光顕微鏡では鋭敏色板の軸角度を変えることはできないので、試そうと思ったら、偏光子と検光子の直交状態を保ったまま、いつもの角度から回していく必要がある。というわけで、早速試してみた。試料はネマチック液晶をガラスの上に薄く広げたもの。

まずは、通常のクロスニコル下。
c0164709_06584124.jpg

全体的にくらい。カメラの露光時間をかなり延ばすと
c0164709_06593231.jpg

文様は、よりはっきり見えるようになる。
そして、普通の鋭敏色。
c0164709_07002870.jpg

こちらは、露光が短めの方がコントラストがはっきりするのだけれども、あんまり見やすい状況にはない。
続いて超鋭敏色。
c0164709_07011057.jpg

ここまでの比較だとたしかに超鋭敏色がコントラストが一番付いているように見える。
続いて、小角で鋭敏色板を入れる手法。角度は何種類か試している。
c0164709_07025545.jpg

c0164709_07025510.jpg

c0164709_07025572.jpg

いずれも、コントラストは段違いに良い。鋭敏色板の軸が偏光子の軸に近いと色調は変らないけれども、透過光量は減って暗くなる。実際、通常の鋭敏色や超鋭敏色に比べると画像は暗くて、カメラの露光時間は延びているのだけれど、コントラストは明確にあがっていて感度はよい。

ついでに、低リタデーションプレートによるコントラスト増強も試みてみた。オリンパスサイトにはブレースケラーがリタデーション測定だけでなく、コントラスト増強にも使えると書いてある。これを試みるには、リタデーションが数十nm程度の位相差板が必要になる。流れとしては、薄く剥いだ雲母板なのだけれど、今回はスコッチクリアテープ1枚を使っている。リタデーションは50nm程度。
c0164709_07033645.jpg




by ZAM20F2 | 2018-09-21 07:04 | 顕微系 | Comments(0)

かなり均一

超鋭敏色法がらみで出した雲母片、頑張って剥がしたのだけれども、均一に剥ぐことは出来ずに、どうしても色調のムラが出ていた。
井上信也さんの自伝を読んでいたら、雲母を5ミクロンに剥いで、ブレースケラー用の位相差板を作ったなんて話があるのだけれど、どうやるとそんなまねができるのか不思議だった。
均一に薄く出来る気がしなくて、雲母板は放置していたのだけれど、少し前に紹介した偏光素子の本を眺めていたら、雲母は水中で剥ぐと空気中よりやりやすいということが記してあったので、早速に洗面器に水をいれて剥いでみた。
確かに、水中の方がスムーズに剥がれる。とりあえず、1枚しかためしていないけれど、空気中のものより均一性はよい。
c0164709_07322696.jpg

1枚だと、色がでないけれども、2枚重ねると、合わせて265nmよりちょっと大きめという感じになる。
c0164709_07322698.jpg


必要に迫られて、ひたすら雲母を剥いでいたら、いつかは液中で作業することを思いついたかもしれないけれど、本のお陰で、他の層状物質にも使えるかもしれない芸を知ることができた。
昔の本には、実験のちょっとした技術が書いてあることが結構あるのだけれど、最近の本にはそういう話はほとんどなく、いろいろな芸が埋もれているのだろうなと思う。

by ZAM20F2 | 2018-09-19 07:46 | 科学系 | Comments(0)

超鋭敏色法

だいぶ昔に、通常の鋭敏色板(530nm)の半分の位相差の位相差板を平行ニコル間に入れると、普通の鋭敏色と同じ色調になり、微小位相変化に対する感度は普通の鋭敏色より高いという話を書いた。その時には、比較写真を出さなかった気がするので、だいぶ時間が経ってしまったけれど、実例を出そうと思う。

試料として用意したのは雲母板を適当に剥いだもの。端っこのところがそれなりに薄いので、そこに注目して欲しい。軸方位を合わせると、当然のように消光状態となる
c0164709_07150178.jpg


まず、鋭敏色板なしでクロスニコル間の画像。長く見えてるエッジのところに、ちょっとした出っ張りがあるのだけれども、コントラストはあんまりはっきりしていない。
c0164709_07244364.jpg



これに普通の鋭敏色板を入れてみる。すると、確かに長く見えているエッジのところのM型の出っ張りが目に入ってくる。あと、鋭敏色板を入れないと消光状態になる配置で、内部に何か変な方向の切れっ端が存在するのが見えてくる。
c0164709_07230173.jpg

c0164709_07230253.jpg



試料を逆方向に回転すると、色調は青色系から暖色系へと変化する。
c0164709_07230260.jpg

続いて、平行ニコルに266nm位相差板を入れたもの。色調変化は普通の鋭敏色板と同じだけれど、確かに色調変化が大きくなって見やすくなっている。ちょっと便利かもしれない。

c0164709_07292356.jpg

c0164709_07292317.jpg

c0164709_07292381.jpg



※その後、普通の鋭敏色版でコントラストを上げられる方法が見つかってしまっています……

by ZAM20F2 | 2018-09-12 07:12 | 科学系 | Comments(0)

和紙

だいぶ前に撮影したものの残り。鋭敏色版を入れている。
c0164709_09220780.jpg

c0164709_09211723.jpg

by ZAM20F2 | 2018-09-09 09:22 | 物系 | Comments(0)

CマウントにカラーコンパスMFをくくりつける

カラーコンパスMFはCマウントポートがあれば、とりあえずでよいなら簡単に顕微鏡に取り付けられる。
ステップ1 顕微鏡のCマウントに適当なCマウントの部品をねじ込む
c0164709_08313008.jpg

ステップ2 mtテープの内径がCマウント部品の外径とほぼ同じなのを良いことに、上にかぶせる
c0164709_08313088.jpg

ステップ3 カラーコンパスの出っ張りがmtテープの内側に入るのを良いことに、上にのっける。
c0164709_08313060.jpg

ステップ4 落ちないようにテープでとめる
c0164709_08313031.jpg


フランジバックは、幅が15mmのものを使えば、実質問題ないレベルになるだろうと思う。
by ZAM20F2 | 2018-08-26 08:38 | 科学系 | Comments(0)

スコッチクリアテープ(265nmの位相差板)

一つ前のエントリーで、265nmの位相差板を使う超鋭敏色法を取り上げた。問題の一つは265nmの位相差板をどうやって入手するかで、自作すべく雲母板を試みたのだけれど、一定の厚さで試料を愛で行くのは楽ではなく、雲母はぎ目明治ににならないと、雲母の薄皮はぎは楽ではないという印象となった。

リタデーションの少ない素材としては、スコッチのクリアテープが一部で有名だ。この品、ポリプロピレン製らしいのだけれど、セロファンテープと比べると、リタデーションは遙かに小さく、そして、2軸性が強い。斜入射光があるときは2軸性が問題となるのだけれども、オルソスコープ観察みたいに平行光線の照明なら問題ない。だいたい、雲母も2軸性で、それが位相差板として使える位だから、何ら問題はないはずだ。

というわけで、クリアテープを何枚か重ねではぎ取って、一旦を斜めに削いで平行ニコル下で赤紫になる枚数を探した。大体6枚で目的の色になる模様。そこで、ピンセットを使って、上に重なっているテープをはぎ取る。はぎ取ったものをクロスニコルで見ると、一様な黄色の着色。

c0164709_07342062.jpg


これは、265nmの位相差板としては妥当なところ。これを平行ニコルにすると、見事に赤紫になる。
c0164709_07342095.jpg

しかし、色むらが生じる。クロスニコル下で色差が見えないにもかかわらず、平行ニコルで色差が見えるのは、まさに鋭敏色効果。テープは、少しばかり不思議なところだけれども、細かい複屈折ムラがあるらしい。ただ、ピントをずらすと、一応均一な色調となる。
c0164709_07342143.jpg


そもそも、位相差板は試料とは異なる面に置くわけだから、ピントをずらして均一な色調になるなら、それなりに使えるかなぁと思っている。
ところで、複屈折ムラだけれど、クロスニコルで消光位置にして観察すると、均一に消光せずに明暗ムラが生じる。

c0164709_07414846.jpg


この画像は、上のものより20倍程度露光を増やしている。同じ露出なら、ほぼ真っ暗になる。
さて、光軸が揃っていて、ただし複屈折値にムラがあるなら、この条件で完全に消光するはずだ。しかし、明暗ムラがあるということは、光軸方向がばらついているということを意味している。これは、かなり予想外の出来事だ。というのは、この手のテープは長手方向の強度を増すためにフィルムを引っ張って(延伸して)ある。普通は、一方方向に延伸する一軸延伸されていて、その場合には光軸方向には普通はムラはできないと思う。

このフィルムの光軸はテープの長手から傾いた方向にある。
c0164709_07342150.jpg


下の真っ黒のところは何もない部分で、上がテープのある部分。境界線は長軸に平行ではなく見事に傾いている(これに対して、普通のセロテープは長手方向が光軸だ)。光軸がテープの長手からずれているのは、使っている物質の特性かなぁと長らく漠然と考えていたのだけれども、どうも、それは完全な間違いで、このテープは1軸延伸ではなく、2軸延伸で作られているのではないかという気がしてきた。それなら、このテープが2軸性を示すことも理解出来る。

世の中奥が深く、そして、身近なところに、そのヒントが隠されているものだ。

さて、テープの枚数を倍にすれば普通の鋭敏色板となるはずだ。というわけで、倍の枚数のものも作ってみた。
c0164709_07342113.jpg

下半分はテープがない。ここに鋭敏色板を入れると、色が入れ替わる。実は、上のテープは、鋭敏色板とリタデーションが相殺する角度に入れてある。消光はなかなか完璧で、この厚さでほぼ530nmのリタデーションになっていることが分かる。
c0164709_07342186.jpg

このテープ、1枚あたりのリタデーションは約45nm。ということはブレースケーラー的なものが試せないかと思案中。

by ZAM20F2 | 2018-06-18 07:44 | 顕微系 | Comments(0)

260nm鋭敏色板(超鋭敏色法)

大昔の応用物理学会誌に日本光学の上野正さんによる「偏光板を使用した偏光顕微鏡」という記事がある。ニコンのPOHに関する話なのだけれど、その中で対物レンズの歪みについては久保田廣さんの開発した超鋭敏色法を用いてチェックしている旨の記述があった。
鋭敏色といえば、通常は530nmの位相差板による赤紫が、わずかな位相差の変化により色調変化を起こす手法だけれども、それに超が着くのはどのような方法かと興味をもって、久保田さんの論文を探してみた。
さて、その方法は、通常の鋭敏色板の半分の位相差の265nmの検板を用いるという手法。もっとも、この検板をクロスニコルの間に入れても、弱い黄色系の着色で、位相差変化による色調変化は少なくて、全然鋭敏ではない。ところが、クロスニコルだった状態を平行ニコルにすると、赤紫の偏光色が現れる。265nmの位相板を平行ニコルに挟むと、265nmの倍の530nmのところが透過率0となって、クロスニコルに530nmの位相差板を挟んだときと類似のスペクトルになるというわけだ。
これだけだと、感度は同じになりそうだけれど、これに、たとえば10nmの余計な位相差が加わった状態を考えると、530nmの位相差板では540(520)nmの偏光色になる。これに対して、265nmの位相差板は275(255)nm板になるけれど、この時に、透過光が0になる波長は、それぞれの倍の550(510)nmとなり、普通の鋭敏色板より色調変化が大きくなる。
これは面白いと試したくなったのだけれど、問題は265nmの位相差板の入手方法。
この波長の位相板、正確には266nmの位相差板だけれど、実は世間では普通に売っている。Nd:YAGレーザーという、波長が1064nmのレーザー用のλ/4板、あるいは、その倍波の532nmのグリーンレーザー(緑のレーザーポインターは大体これだ)のλ/2板が転用可能なのだ。ただ、問題は、業務用として使うんだったら問題ない価格でも、趣味として使うには少しばかり高価。頼りのネットオークションはというと、単体で出てくるのは見たことない(どこかの部品に組み込まれているのは、探せばあるかもしれない)。
というわけで、なんとか265nm位相差板を作らなければならない。というわけで思いついたのが雲母の薄板をはぐこと。偏光顕微鏡の検板も雲母を使ったものがあるはずなので、何とかなるだろうと、絶縁体板の雲母板(10枚で100円程度だ。送料の方がはるかに高く付いた)を買い込んではいでみた。
c0164709_08081086.jpg

背景が白なのは、平行ニコルだから。で、鋭敏色周りの黄色から紫を経て青まで見えているけれども、雲母の一枚(だと思う)毎の色調の差がよく見えること……
とりあえず、雲母は断念して、スコッチのクリアテープでやってみるかと思案中。
by ZAM20F2 | 2018-06-13 08:10 | 顕微系 | Comments(2)