人気ブログランキング |

タグ:Ch ( 115 ) タグの人気記事

イカと液晶

c0164709_882984.jpg

「イカの魂」、昭和60年11月に発行された本である。
こんな本を取り上げると、足立ファンはもとより、足立倫行さん自身から、「どうせなら『日本海のイカ』を取り上げて欲しかった」などという突っ込みがあるかもしれない。確かに「日本海のイカ」は「人、旅に暮らす」に続くノンフィクションで、後の「人、夢に暮らす」などに続く、足立さんの本流の本なのである。一方、この本は、「日本海のイカ」の取材時に得た資料をベースに、もちろん、その後の取材を加えた足立さんとしては異色の本である。
この本の裏カバーに次のような文言がある。
「イカからテレビが出来る!? -こんな驚異的な話をご存知か。イカの内蔵から工業用の肝油を精製する過程では、粉末のコレステロールを作り出すことが出来る。そのコレステロールからは、従来の電卓・液晶テレビなどに使われている液晶とは全く違ったタイプのコレステリック液晶が出来るのだ。それは、熱・電圧などにより七色に色彩変化する摩訶不思議な代物。もし、この特性の瞬間的な制御が可能となれば、紙と同じ厚さのカラーテレビの誕生も夢でない。今やイカは最先端バイオ・インダストリーの主役でもある。」
これが、世の一部に流通している「液晶テレビの材料にイカが使われている」という伝説の起源ではないかと思っている。イカの液晶テレビについては、この本の他にも、「中学か高校のころにコンピュータ雑誌(多分I/O)で読んだ記憶がある」という現在30台半ばの人の証言もあるのだけれど、計算すると、昭和60年よりは少し後になるので、文献としては、イカの魂が最初である可能性が高い。もっとも、上の内容は、日本化学飼料のインタビューで出てきた話で、その中で工場長の板垣は「13年前に開発して販売を始めた」と述べているし、液晶開発の初期にはコレステリック液晶を用いた表示装置などの研究も行われていたので、その中からイカのテレビの話が出た可能性もある。これは、今後の検討事項である。
さて、イカと液晶に関しては
イカの肝から液晶を作る派とイカのスミから液晶を作る派
イカのスミ自体が液晶である派とイカのスミ(か肝)を原料に液晶を作る派
がある。足立の本によれば、コレステロールはイカの肝油を精製する過程で生じるダーク油から取れるという。肝派に有利な情報である。ちなみにダーク油は「黒っぽい油」と記されているので、このあたりからスミという伝承が発生した可能性がある。鯣烏賊の腹を割いたことがある人なら、イカの肝に比べるとスミ袋は遙かに小さいのはご存知だと思う。もちろん、含有量の問題はあるけれども、資源としては肝の方が価値がありそうである。
イカのスミ自体が液晶であるかについては、多分違うと思う。というか、昔にその話を聞いて顕微鏡で見たけれど、違っていたような記憶がかすかにある。まあ、適当な記憶なので確実な自信はないが。確実なところで話をすると、コレステロール自体は液晶にならない。カルボン酸とのエステルなどにする必用がある。一方、生体内では、コレステロールは適当なエステルとして存在もしているので、生物中のコレステロール化合物がそれ自体で液晶性を示す可能性は皆無とは言えない可能性が残る。
さて、上の引用文には「液晶テレビなどに使われている液晶とは全く違ったタイプのコレステリック液晶」という言葉が出てくるが、残念ながら熱力学的にはコレステリック液晶は、液晶テレビなどに使われているネマチック液晶と同じものである。そしてまた、全てのコレステリック液晶がイカから作られるわけではない。コレステリック液晶は、確かに、コレステロール誘導体から作り出され、ネマチック液晶とは見た目がかなり異なっているために「コレステリック液晶」と命名されたのだけれど、普通のネマチック液晶にキラルドーパント(非コレステロール化合物)を混ぜれば、コレステリック液晶になる。それ故、キラルネマチック液晶という呼び方もなされる。この液晶を用いた電子ペーパーなども開発されているけれども、そこではイカ(あるいは生物)由来のコレステロールは使われていない。というのは、コレステロールエステルは化学的にそれほど安定ではなく、デバイスの寿命を考えると使える材料ではないためである。液晶ディスプレイには添加剤としてコレステリック液晶が混ぜられることもあるが、液晶業界に昔から係わってきた人に聞いても、そのコレステリック剤としてイカのコレステロールが使われたことはないようである。

以下2015年12月追記
コレステロール誘導体は液晶表示に使える材料ではないときっぱり書いてしまったのだけれど、
c0164709_15482961.jpg

のメルクの人の記事を読むと1990年台には、ノナン酸コレステロールがTN液晶の添加剤として使われていたそうである。
となると、液晶TVにイカが使われていたかもしれないという事になるのだけれど、現時点では、どちらとも断言できない気分でいる。
液晶材料といっても、時計や電卓などに使われているものと、最近のディスプレイに使われているものでは要求される性能が異なっていて、違う分子構造のものが使われている。テレビはパーソナルコンピュータのディスプレイに使われているものは、抵抗値が高いことが必要で、そのために結合が切れる可能性のあるエステル結合などは含まない構造が主流となっている。それを考えると、これらの用途用にはコレステロール誘導体は使いにくい。しかし、90年台にはSTNの液晶テレビも存在していて、それなら、コレステロール誘導体を使っていても驚かない気がする。
これまで、パネルメーカーの人や大学で液晶ディスプレイを初期からやっている人に聞いた限りでは、イカを使うなんてことは聞いた事もないという話だったのだけれど、コレステロール誘導体を添加剤として使っていることを知っていたなら、完全には否定しなかったのではないかと思う。こうなると、液晶材料のメーカーの人に、何用の液晶まではコレステロール誘導体を使っていて、その誘導体は何から作ったものかを聞かないといけない訳だけれども、あんまり聞きに行く先が思い至らず、どうしたものかと思っている。


by zam20f2 | 2009-10-11 09:55 | 液晶系 | Comments(0)

ブルー相の透過偏光と反射

ブルー相のplatelet組織は、少し前にも写真を出したけれど、透過の偏光で
c0164709_2145443.jpg

とカラフルなテクスチャーが出現する。ものの本には、異なる色の領域は、異なる結晶面に対応すると記されていたりする。ということは、反射でも似たような色調が見えるかなと思うのだけれど、実際に反射で眺めてみると
c0164709_2147712.jpg

と、少しばかり様子が異なっている。反射で緑に見えるドメインは、透過でも緑なので、確かに回折かなという気がするのだけれど、それ以外は色が結構変わってしまっている。透過で見えている色の正体が個人的にはよく分からなくなりつつある。前にも記したけれど、コノスコープで、回折スポットも見えていないし……………。
by zam20f2 | 2008-11-18 21:49 | 液晶系 | Comments(0)

ブルー相

ステンドグラスみたいな図柄は、コレステリックブルー相。ブルー相にはアモルファスタイプと、結晶タイプがあるけれど、これは結晶の方。もっとも、結晶といっても、欠陥の格子であって、分子の重心位置には秩序はない。
c0164709_2210597.jpg

Oily streakを撮影しようと、そのあたりに転がっていた出所不明のコレステリック液晶をセルに入れて、欠陥の数を減らそうと思って、一旦等方相まで上げて室温に戻した物を見たら、配向がぼろぼろだったので、ゆっくりおろさなければと、ホットステージに入れ、等方相から落としていたら、コレステリック相の上にわいてしまった。
ブルー相の着色は、干渉によるので、原理的に、コノスコープ観察をすれば、それぞれのドメインに対応したスポットが見えると思うのだけれど、その観察が出来ていない。何か、思い違いがあるのだろか…………
by zam20f2 | 2008-10-26 15:27 | 液晶系 | Comments(0)

Oily Streak組織

コレステリック液晶を水平配向セルに入れると、ラセン軸は基板に垂直方向になる。この配向は、Grandjean組織とかoily streak組織とか呼ばれている。
c0164709_211118.jpg

見えている線は、コレステリックのラセン周期が、擬似的に層構造となり、その層構造由来の欠陥なのだろうと思う。
欠陥だと思うなどと、あやふやなことを記したのは、層構造の欠陥は、基本的にはSmAなどに見られるフォーカルコニック系の欠陥と同じような顔をするだろうと思うのに、そんな顔をしていないためで、欠陥構造がどうなっているのか、頭の中にクエスチョンマークがあるため。
でも、この部分で特性反射が見られるので、ラセン軸が垂直方向にあるのは間違いない。
どうなっているのだろう。
by zam20f2 | 2008-10-22 21:13 | 液晶系 | Comments(0)

Fan-like Texture

c0164709_17343587.jpg

ある程度液晶をやっている人に、この写真を見せて何相かを聞くと、普通はSmAという答が返ってくるのではないかと思う。で、コレステリック相だよというと、普通は凄く意外な顔をされる。
もちろん、私だって、正体を知っていなかったらSmAと答えるところだろう。なにしろこれは、SmAのFan-Shape組織にそっくりさんなのだ。通常、ネマチックやコレステリックは液体だから、はっきりとしたドメイン境界を作るようなことはできない。だが、コレステリックのピッチが十分に短いと、コレステリックの層構造が擬似的にSmAの層構造の役割をし、Fan-Shape組織っぽいものが出現する。コレステリックのピッチが顕微鏡の分解能以下なら、周期構造は一切見えない。
もっとも、Fan-Likeがデルのは、ある程度徐冷した場合で、急冷すると下のような何が何だか分からないような組織が出たりする。
c0164709_1754581.jpg

by zam20f2 | 2008-10-18 17:54 | 液晶系 | Comments(0)